スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
▲ pagetop

ふわフェチ
こたろうは、ふわふわしたものが大好き。
ふわふわ毛糸で編んだヒモヒモをこたろうに献上してみた。


こたろう

こたろう

こたろう

こたろう

こたろう

こたろう

こたろう

こたろう



素直になりたまえ。


まぁ本当は最初っから猫まっしぐらなんだけど。


ban01.gif 人気blogRanking
↑↑よろしければ応援してください↑↑
こたとら | Comment : 9 | Trackback : 0
▲ pagetop

どっちもどっち
とらまる

とらまる

とらまる

こたろう

とらまる

こたろう





全体的にだろ。

こたろうはたまに人相が悪い。猫相か。


ban01.gif 人気blogRanking
↑↑よろしければ応援してください↑↑
こたとら劇場 | Comment : 6 | Trackback : 0
▲ pagetop

ブルータスお前もか
こたろうの2枚歯が、今日確認したら1枚歯になっていた。
おとといぐらいに確認したときは、まだ2枚歯だったのに。

いつの間に!いつの間に!

当然のことながら回収できていない。
もはや家のどこに落ちているか分からない。
というのは、こたとらは今までは1階全体を根城にしていたのだが、2~3日前から1階のドアを開放している為自由に2階にも来れるようになり、行動範囲が広くなったのだ。掃除機で吸うのは時間の問題である。まあいいけどさっ(強がり)。

そして、とらまるの歯もチェック。

やつも、大人の階段登り始めてた。

尖がったブツがまさに歯肉を突き破ろうとしていた。
そうかそうか。ついにとらまるも。感慨深いことである。


ところで、とらまるは2階のわたしの部屋に来るときもねずを持参する。
いつの間にか部屋にちょこんと置いてあるのを見つけて、笑ってしまった。まさに肌身離さず。
今も、パソコン机の上にねずを置きに来た。なげて78888888欲しいのだ(とらまるの邪魔が入ったが、親ばかなので見て見ぬふりをする)。

とらまる




数分後




とらまる



液晶モニターに登ろうとするのはやめてくれい。


ban01.gif 人気blogRanking
↑↑よろしければ応援してください↑↑
こたとら | Comment : 3 | Trackback : 0
▲ pagetop

あの頃、キミたちは
こたとらを我が家に迎えてもうすぐ4ヶ月たつ。
その間に、撮りに撮った写真が2,359枚(2008年9月9日現在)。



撮りすぎか。
こんなもんッスよね!ビバ!デジタル時代!


今日はその中のお気に入りをご紹介・・・してもよかでっすか。親ばかですみません。

・・・で、いそいそとピックアップしてたら膨大な数になってしまった。埒があかないので、最初の頃に撮影したもの限定でご紹介を。ほんと親ばかですみません。


こたろう
尻が穴にはまるこたろう

とらまる
このベロが好き

こたとら
この頃から優位は決まっていた

こたろう
くまのプーさんごっこ

こたとら
カプー

とらまる
ぽんぽこりんのお腹が好き

こたとら
「耳寄りな情報ですぜ、兄者」 「ぬぅ」

こたとら
とらまるのやる気のない目が好き

こたとら
とらまるのすっとんきょうな表情が好き。
あら、とらまるばっかりだ・・・

こたとら
カパー

こたとら
こたろう、子守りご苦労!

こたろう
白目が好き

こたとら
「今日はこれぐらいにしといたらぁ」←とらまる

とらまる
ねずは肌身離さず

こたとら
「大人一枚」

こたとら
カオス


親ばかにお付き合い下さり、ありがとうございましたm(_ _)m


ban01.gif 人気blogRanking
↑↑よろしければ応援してください↑↑
こたとら | Comment : 6 | Trackback : 0
▲ pagetop

無事終了
昨日こたろうの去勢手術が無事終わった。

なるべく病院での滞在時間が短いよう、時間ギリギリに連れて行くことにした。
車中、こたろうはいつもキャリーの中で大人しい。黙って香箱を組んで、隙間から外を見ている。騒ぎ散らかすとらまると大違いである。
一度だけ、「こたしゃ~ん」と声をかけたら、「ニャーン」と返事してくれた。心苦しくなった。

病院到着、こたろうを預けた。
有料で猫エイズ検査、猫白血病検査もしてもらうことに。

預けたあと、迎えに行くまでずーっと悶々とした時を過ごした。無事に終わるだろうけど、やっぱり心配である。天にいるおとんおかん歴代の飼い猫・犬・鳥全てにこたろうの無事をお願いしてしまった。大げさか。その病院は避妊手術・去勢手術の評判はよく、歴代の飼い猫たちも全員そこでしてもらってきた実績もあるし、そんなに心配する必要はないのかもしれないが。二年前、別の獣医でのことだが、怪我の手術の際に麻酔から醒めずに亡くなった猫がいて、そのこともありちょっとナーバスになってしまった。

夕方になり、お迎え時間ピッタリに飛んで行った。
こたろうは、キャリーの中で黙ってねそべっていた。ちょっと顔がすねてるように見えた。
無事な姿を見て、ひとまずホッとした。天にいるみんな、ありがとう!
ついでの猫エイズ検査、猫白血病検査は陰性だった。こちらも安心した。

帰りの車の中で、こたろうは珍しくよく鳴いていた。でもやっぱり鳴き方が控えめで、大人しかった。
家に帰り、こたろうは朝からごはん抜きだったので、お詫びとねぎらいのつもりで缶詰を献上したら、ムッシャカムッシャカ食べていた。食欲もあるし、一安心。とらまるも便乗してムッシャカムッシャカ。
傷跡もほとんど目立たない。痛がってる様子はないが、やっぱり気になるらしく、しきりに舐めている。ごめんなぁごめんなぁ、と言いながら抱っこした。普通に元気だし、ほんと無事に終わってよかった。

こたろう


でも、まだとらまるが残っているんだよなぁ~~~。
その時のことを考えると、ちょっと憂鬱である。
こたとら | Comment : 7 | Trackback : 0
▲ pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。