スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
▲ pagetop

魅惑の体験
こたろう

こたとら

とらまる

とらまる

こたとら



ドラッグか。いいえ、ただのマタタビです。


このマタタビの棒、1本だけ与えたらとらまるが独占していた。試しに投げたら二匹ともすっ飛んで行ったが、すぐにとらまるが奪ってしまう。こたろうはそれほどまたたびが好きではないようだ。もう少し大人になったら興味を示すかもしれない。

とらまるは、ねずキャッチよりも断然興奮していて、面白かった。また忘れた頃に投げてやろうと思う。


ban01.gif 人気blogRanking
↑↑よろしければ応援してください↑↑
スポンサーサイト
こたとら劇場 | Comment : 6 | Trackback : 0
▲ pagetop

無我の境地
こたろう

とらまる

ゆらゆら


答えは、天井に反射した水おけの水面。
ゆらゆら具合が見ているものを無我の境地へいざなう。


とらまる


あれっ全然無我じゃないよっ!
ていうか、とらまるよ。ジャンプしても天井に届くわけないだろう。


一方、こたろうは10分ぐらいじっと見つめていた。
彼は無我の境地に到達したに違いない。


こたろう

こたろう


到達するはずもなく。


ban01.gif 人気blogRanking
↑↑よろしければ応援してください↑↑
こたとら | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop

さらば、ふわふわ
とらまる

とらまる

こたとら

こたとら

こたとら

とらまる



とらまる、ごめん。
犯人は母者。って直接手を下したわけではないが。
土曜日にとらまるの去勢手術をした。
もう、とらちゃんの可愛い ω がなくて寂しい限りである。


出かけるとき、今回もとらまるは自分で勝手にキャリーに入った。疑うことを知らない純真な子である。
とらまる的にはお遊び感覚で入ったのだろうが、わたし的には「しめしめ、まんまと入りおったわい」てなもんである。そそくさとカギをして病院に連れて行った。

病院の受付のお姉さんは、とらまるのことを、「とらまるさん」と呼んでいた。
「とらまるさんは生後何ヶ月ですか?」
「それではとらまるさんをお預かりします。」
てなかんじで真面目な顔で言うので、ちょっと面白かった。
そしてとらまるは、ブルブル震えていた。
いつも家では傍若無人なのに。可哀相でしょうがなかった。

こたろうの時と同様、預けてからは気が気じゃなく、天に無事をお祈りし、時間ぴったりにお迎えに行った。
とらまるは、わたしの姿を見て、「シャーーーッ!!」と威嚇した。なんでやねん。よっぽど怖かったのだろうな。帰りの車でもずっと無言で(行きはギャーギャー文句を言っていた)、なんか呆然としている感じだった。そんなとらまるを見て、ごめんなぁごめんなぁと謝り続けた。

帰宅後は疲れてこんこんと眠り続けていたとらちゃんであるが、一晩たって元気炸裂しているので、もう心配はいらない。今回も無事終わってよかったよかった。


・・・ところで。
写真を見てお気づきになった方もおられるかもしれないが・・・

こたつ始めました。

そろそろ床が冷たいのでカーペットを敷いたところ、なぜか相方がこたつぶとんもセッティング。
なにしてん!!秋はどこいった??秋すっとばして冬支度か!!
でも、快適なのが泣けてくる。 ※ もちろんこたつは点けてません。


ban01.gif 人気blogRanking
↑↑よろしければ応援してください↑↑
こたとら劇場 | Comment : 6 | Trackback : 0
▲ pagetop

24時間営業の母
とらまる

とらまる

とらまる

とらまる

とらまる

とらまる

とらまる

こたとら

こたろう




頭脳派、こたとらーズ。
だが、この母者はその手には乗らぬ!




仕事を始めて2週間、わたしがいない間こたとらに寂しくさせて申し訳なく思う。
その分、夜や土日はいっぱいかまってあげたい。
でも、仕事から帰ってきたら部屋中におもちゃが散乱しているので、わたしがいなくてもそれなりに楽しんでいるようではある。
そしてわたしの勤務先はほとんど残業がなく、家からも近くて5時半には家に戻れるのが幸い。
その気になったらお昼休みに家に様子見に帰れるし、ナイスチョイスだな、我ながら。



おまけ

とらまる

なぜ懐かしいのかはコチラ


ban01.gif 人気blogRanking
↑↑よろしければ応援してください↑↑
こたとら劇場 | Comment : 6 | Trackback : 0
▲ pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。